スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

コンヴィヴィアリテ(西大橋)フレンチ


ちょっと前になるが、結婚して10年ということで前から気になってたミシュラン1ツ星のコンヴィヴィアリテに。

外観

シックな外観。席数も多くなく落ち着いた雰囲気


席にはこんな花が

アミューズ

4,000円のランチを


なめらかなスクランブルエッグ
なめらかなスクランブルエッグ


ホタテ貝柱のムース レタスのソースナッツのアクセント
ホタテ貝柱のムース レタスのソースナッツのアクセント


パンとバター
パン

バター


北海道エゾ鹿のタルタル野生のクレソン
北海道エゾ鹿のタルタル野生のクレソン (2)

う~ん、美味いですわ。

前菜スクイーズ


シュクレのパン
シュクレ

やっぱりちゃうなぁ・・美味しいわ


北海道真鱈のポワレブランダード柚子の香り
北海道真鱈のポワレブランダード柚子の香り

絶妙の火の通し具合。ソースがまた美味しい・・・


スペインカタルーニャポークのシャルキュティエール
スペインカタルーニャポークのシャルキュティエール

噛めば噛むほど味わいが・・・


デザート

モンブラン
モンブラン

紅芋のブリュレ ほうじ茶のアイス
紅芋のブリュレ ほうじ茶のアイス

モンブランがめちゃくちゃ美味しかった。

ハーブティーは、ハーブを選べる
ハーブ

ハーブティー

ワゴンデザート
ワゴンデザート1

ワゴンデザート2

う~ん、4,000円のランチでこの料理の質は素晴らしいなぁ・・・店の雰囲気も接客もよかった。


仕事、子育てに追われる日々やけど、たまにはこういう店での食事もやっぱりイイね。
スポンサーサイト
[ 2012/04/21 21:55 ] フレンチ★大阪市 | TB(0) | CM(2)

ル・カネトン(谷町六丁目)フレンチ

谷六のル・カネトンで1,800円のランチを。

外観


ピンボケのアミューズ


アミューズ


前菜のパテ。美味しいですわ。。

前菜

今日のバスタはニョッキで。

ニョッキ

メインは鶏

鶏

チョコジェラードとオレンジのソースが絶妙のデザート

デアート

コーヒーとお茶菓子

コーヒー

茶菓子


ここの1,800円のランチはほんま値打ちありますわ。ここは鴨が有名なので、1回鴨を食べにきたいなぁ。



[ 2012/02/28 21:46 ] フレンチ★大阪市 | TB(0) | CM(2)

パリ・オランジュ(谷町四丁目)フレンチ

今年に入って月1回くらいのペースで行ってる谷町四丁目のパリ・オランジュ

20101107 060

ランチは1,000円の1種類のみ



ミニココット

画像 065


画像 066

しっかりした味で美味しいです。

030.jpg


フィセルのパン。ここで食べると本当に美味しい・・・

20101107 056

おかわりのパン

031.jpg

ある日のメインは鶏。火入れの塩梅が絶妙で噛んでいると旨みが広がる。バジルソースがまた美味いですわ。

pari033.jpg


またある日は骨付き鶏が主菜に。

画像 069


メイン料理として登場する頻度が高いのが、この塩づけ豚肉の煮込み。マスタードをアクセントにしたソースとトロトロの豚の相性が最高。

20101107 058

メイン料理はとにかくソースが美味しいし野菜が多くて食べ応えがあるので個人的に満足度が非常に高い。こういう系統の店で1,000円で食べられる内容としては言うことがない。

20101107 059


以前食べて衝撃的に美味しかったこの品(モイツも大絶賛で、この品をランチでやってないか通りかかりにチェックしてるらしいか・・・)、しばらく登場してないが、また食べたいなぁ・・・


料理もかなり美味しいが、それ以上に、はやってて忙しいのに気配りが行き届いているイケメンシェフの人柄が素晴らしい・・・これからも通いたいお店ですわ・・・

ガンツ
[ 2010/12/15 22:15 ] フレンチ★大阪市 | TB(0) | CM(2)

ルー・ヌー・パピヨン(堺筋本町)フレンチ

その名前で、昔観たスティーブ・マックィーンの「パピヨン」を思い出した店で昼飯を。


外観

1575円のランチをチョイス

メニュー

店内は付近のOLさん達で満席。店内が暗かったので写真もこんなんに・・・

前菜

海老とアボガド

とうもろこしの冷スープ

とうもろこしの冷スープ

ときどき買って帰るパンデュースのパン。あたためてほしかったかな。

パン

メインは大山地鶏がクスクスの上にのったもの。

大山地鶏モモのロティタンドリー風

デザート

デザート

コーヒー

う~ん、他の方のブログをみて美味しそうなので期待していったが、この日のメインが意外なエスニックなこともあってか、正直な感想はまぁまぁかなぁ・・・また近くに行ったらよってみよう。。

ガンツ


住所:大阪府大阪市中央区安土町1-5-7 イーフィットビル 1F
TEL:06-6262-0123
営業時間:(月~金)11:30-14:00 18:00-22:00
      (土日祝)11:30-17:00 18:00-22:00
定休日:月曜日(祝日は営業)
[ 2010/09/29 22:11 ] フレンチ★大阪市 | TB(0) | CM(4)

ル・カネトン(谷町六丁目)フレンチ


ひさびさの更新は、最近ご無沙汰のこういう系統の店を。


ル・カネトン


一番安い1800円のランチを注文。


アミューズは湯剥きしたプチトマトをホワイトビネガーに浸けたもの。

アミューズ

前菜は鮮魚

前菜

カウンターやトイレなど店内のいたるところに鴨のオブジェが。あとで調べてると、ここは鴨料理、フォアグラがウリの店らしい。

オブジェ

スープ

スープ

続いて鮭のクリームリゾット

リゾット

リゾットてあえて頼むことないし、あんまり食べる機会ないけど味が濃厚で美味しかった・・・


メインは豚の角煮チックな一品・・・マスタードもついてるし。

メイン

味付けはフレンチっぽい?やろうけど、和食店で出てきても違和感ないやろうなぁ・・・

アップ

デザート

デザート

〆はエスプレッソで。小菓子がついている。

エスプレッソ


正直、ひとつひとつの品で印象に残るものはなかったが、1,800円のランチでこの品数、内容は良いと思う。


店内


単身、カウンターでのランチだったが、たまたま客は俺一人で静かな雰囲気だった・・・このあたりはビジネス街ゆう感じでもないし昼は空いてるんかなぁ。晩はバー使いできるそうで結構遅くまで営業してるらしい。


ここもそうやけど、空堀近辺はノスタルジックな町並みの中に「ビストロ・ギャロ」や「蔦屋」などええ雰囲気の良店が点在してていい町ですなぁ・・・


住所 :大阪市中央区上本町西2-6-23
電話 :06-6761-1717
定休日 :月曜日
営業時間 : ランチタイム11:30~14:00【L.O】
       ディナータイム 18:00~22:00 【L.O】
       バータイム    22:00~0:00 【L.O】
[ 2010/07/05 00:39 ] フレンチ★大阪市 | TB(0) | CM(2)

ビストロギャロ(谷町六丁目)フレンチ


空堀商店街のちょっと筋をそれたところにある「ビストロ・ギャロ」に。

二階建ての民家の一階を改装しブルーに塗られた外観は、周りの雰囲気とマッチしていい感じ。

外観

ランチは1000円の1種類で、デザートを追加できる。


スープは人参のポタージュ。熱々で濃厚。

スープ

パン

パン

メインは魚と肉を選べるが、魚をチョイス。この日は鰆とホタテのポワレ。

メイン

鰆は外側がカリっとしてて中はふんわり。ホタテも美味いなぁ・・・なによりソースがモロ好み。つけあわせのキャベツの煮込みも美味しかった・・・

メインアップ

食後はフレーバーティーを

ティー


VI

谷四の「パリ・オランジュ」や「カメキチ・ビストロ」も1000円でハイレベルのランチやけど、ここも遜色ない満足な内容で気に入った。谷町界隈はほんまええ店が多いなぁ・・・

ガンツ


住所:大阪市中央区瓦屋町1-1-1  
TEL:06-6762-1016
営業時間:12:00~14:00(L.O) 18:00~22:00(L.O)
休日:日曜日・第3月曜日

おまけ

帰り、空堀商店街を歩いてると、「美味しんぼ」で紹介されてた「こんぶ土居」を発見・・
外観

外観2

漫画にのってた、十倍に薄める「十倍だし」とふりかけを買って帰った。ふりかけ美味しかったなぁ・・

十倍だし

ふりかけ
[ 2009/11/18 00:00 ] フレンチ★大阪市 | TB(0) | CM(2)

エスポワル(堺筋本町)フレンチ

堺筋本町にあるエスポワルでランチを

外観  外観2

ここは、ネットで1000円のランチがお得との情報を得て、だいぶ前に1回来たことがあるのだが、そのときは満席で入れなかった・・・


この日のメニューはこんな感じ
メニュー

この日も満席だったがカウンターに1席空きがあり、座ることができた。その後も来店して満席で諦めて帰るお客さんが何人かいた。。人気店やねんね。

店は若い店主が一人で切り盛りしている。テーブル席もありキャパからすると1人ではしんどそうな気もするが、テキパキとこなしていた。


冷製カボチャのスープとイベリコ豚のチョリソー
前菜スープ

パン
パン

メインは豚バラ肉のコンフィーを
メイン

豚バラ肉はカリカリに焼かれている。キライな食感ではないがちょっとカリカリすぎるかな・・・

肉の下には炒められた野菜が大量にあって、ボリュウムたっぷり。野菜がこんだけ食べられたらヘルシーやね。


デザートかコーヒーのどちらかをチョイス選べる。珍しくデザートをチョイス。

デザート

ボリュウムあって野菜もたくさんとれるし、値段からすると総じて満足だが、この日のメインはちょっとイマイチやったかな・・・またランチに来てメインに魚をチョイスしてみたい。

VI

ガンツ


住所: 大阪府大阪市中央区本町橋6-21 シャンボール内本町 2F
電話番号:06-6966-0880
営業時間: [火~土] 12:00~14:00 18:00~翌1:00 [日] 18:00~翌1:00
休業日: 月曜日
[ 2009/10/01 00:00 ] フレンチ★大阪市 | TB(0) | CM(0)

ル・コントワール・デュ・グー(本町)フレンチ


2年ぶりに人間ドックに行ってきた。


ひととおり検査を終え、最後に医師の総評を聞きに行くと、脂肪肝であること、悪玉(LDLコレステロール)が多く、善玉(HDLコレステロール)の比率が悪いとのコメント。


脂肪肝は2年前にも指摘があったのだが、悪玉コレステロールが多いのを放置すると、やがて動脈硬化、心筋梗塞や脳卒中をおこす危険性が高くなるらしい。。。。


そういえば、2年前の人間ドック後に手をつけたビリーも2日ほどしか続かんかったなぁ・・・子供も小さいし、こらちょっと食生活見直せなあかんなぁ、などと考えつつ、昼何か食べようと本町界隈を歩いていると、

はうあ!!!

いつの間にか、去年の冬に来て大満足だった、パスタが食べられる炭火焼フレンチの前に佇んでという、2年前の人間ドック後の昼飯の行動パターンをトレースしていた・・・・

CIMG9693.jpg

しかも、店に着く直前まで食べ歩きの自粛すら考えてたのに、注文する段になって何故か、これから食べ歩きを控えるかもしれんし、ここもいつ来るかわからんから悔いのないようにとの論理がはたらき、前回より1ランク上の「おすすめランチコース」をオーダーしてしまった・・・

アミューズ
アミューズ


前菜は穴子と桃の組み合わせ。

前菜

前に来たときもサラダと柿の組み合わせが出たが、この店の特徴かな?う~ん、合わへんことはないけど個人的にはピンとけえへんかなぁ。。


冷製パスタはにゅうめんのような極細パスタのトマトソース。

パスタ

生ハムも美味しいし、いいんやけど、極細なだけに麺としての歯ごたえ、食感は望めない。。

パスタアップ

前回の牡蠣のパスタのソースがえらい気に入ってたので、比べると今回のはイマイチかなぁ。

そして、メインは魚にすれば良いものを肉をチョイス

ず~ん
メイン

丸焼きチックなビジュアルのウズラ。ボリュウムたっぷり・・・これは美味いですわ!

デザートは冷たいメロン。キュウリが苦手な俺はスイカやメロンのウリ系は苦手なのだが、このデザートは美味しかった。

デザート

相変わらずええ器ですなぁ。

カプチーノ


う~ん、美味しいんやけど、前回来たときにパスタ、メインに使われてたソースが個人的に弩ストライクの好みやったので今回のはちょっとハズれてたなぁ。それと、ここはやはり2,100円のセットメニューが値打ちあると思う。



しかし、そろそろ無軌道な食べ歩きはホンマに控えなあかん時期にきたようだ・・・己の生活習慣をちょっと考えることにしよう。。。

看板


住所:大阪府大阪市西区西本町1-2-4 EPビル 1F
TEL:06-6535-4588
営業時間:11:30~15:00(L.O.14:30) 17:30~22:30(L.O)
定休日:正月
[ 2009/09/04 00:00 ] フレンチ★大阪市 | TB(0) | CM(0)

パリ・オランジュ(谷町四丁目)フレンチ

昼時に谷町四丁目に来たので、谷四では「カメキチ・ビストロ」と双璧をなす人気店「パリ・オランジュ」で久しぶりにランチを食べることにした。

  外観

入店すると、前に来たときにいた、日本語が話せないやたらフレンドリーなフランス人スタッフの姿はなかった・・・

ランチメニューは1種類のみ
メニュ

本日のミニココットはにんじん
ココット

かなり濃厚で美味しい・・・
ココットアップ

アツアツの柔らかい白いパン・・・
パン

そういえば、"アルプスの少女”ハイジが、フランクフルトのクララの家におるとき、ペーターのお祖母食べさせてあげたいとの一心で、こっそりタンスに隠してた白パンもこんなパンやったな・・・などとアツアツの柔らかいパンを食べながら思い出してると、メインが運ばれてきた。


メインの「鹿児島産もち豚のトマト煮込み」はもち豚の煮込みにトマトソース、バジルソース、ホワイトソースに近いポテトピュレを添えられたもの。

メイン

この品、えらい美味い!

アップ

3種類のソースをからめながら食べる重層的な美味さがたまりませんわ・・・

久しぶりに来たけど、前回以上に大満足のランチだった。1,000円という値段を考えるということなしですわ。。。

ガンツ


住所  大阪市中央区谷町3-2-15 松本ビル 1F
TEL  06-4793-0266
営業時間 11:30~14:00 17:30~21:30(L.O)
定休日 月曜日・不定休
[ 2009/08/06 00:00 ] フレンチ★大阪市 | TB(0) | CM(0)

Hajime restaurant gastronomique osaka japon(肥後橋)フレンチ

普段は夫婦間で記念日や誕生日に特別何もしないのだが、節目の結婚記念日&もうすぐ嫁が育休を終え職場復帰でますます忙しくなるしで、タイミングよく親がベビーシットしてくれることもあり、突然思い立って嫁と2人でランチに行くことにした。

どうせなら「決して子供連れではいけない食事処」と思い、食べログをみてみるとフレンチのみならず大阪レストランの全ジャンルの含めて2位、口コミを見ても総じて絶賛という 「Hajime restaurant gastronomique osaka japon」 が目にとまった。

「Hajime・・・」は、北海道 洞爺湖サミットのザ・ウィンザーホテル出身の米田肇シェフが2008年の5月にオープンしたというミシュラン掲載確定のグランメゾン。これまでに10000軒以上のレストランを食べ歩いたという美食の王 来栖けい氏も絶賛(俺は全く知らんかったが)のフレンチ。 そういえば、ネットででちょっと変わったビジュアルの料理で絶賛されているのをみたことがある。

軽い気持ちで「まぁ当日予約はムリやろな」と電話してみると、なんと空席ありとのこと。。。。安サラリーマンの俺は、「ここのランチは7,875円のコースのみ。サービス料やグラスワインなんかを含めると1人1万くらいはいくやろな・・・」と、男の甲斐性もあってこの店をチョイスしたものの軽い後悔を覚えつつ、勢いで予約をお願いした。

予約の電話時に「食べられない食材の有無」や「誕生日や記念日かどうか」などの確認があり、「来店の前から調理を始めますので、11時以降はキャンセル料がかかります」とのおことわりも。

そしてここはドレスコードもあった・・・ドレスコードのあるような店に行くのて何時以来たろか・・・ジャケット無しの夏場の格好てイマイチわからんかったので聞くと「ジーンズ&スニーカーはNG」とのこと。ラコポロ&チノパンにオールデンというBegin君的スタイルで見参することにした。

店の外観はオフィスチックでレストランらしくないので行き過ぎてしまった。お店に電話して聞いたのだが結構道に迷うお客さんが多いみたい。
外観

中に入るとシックな落ち着いた内装。ウェイティングスペースで水とおしぼりで一息ついた後、席に案内された。
エントランス

キラキラと光るみるからに上等な紙の裏表にシェフのコンセプトと本日のメニューが。
MENU

MENU-UP

飲み物は赤と白のグラスワインをお願いした。
ワイン

デビュー
デビュー
軽い生地のシガレットに、3キログラムの大分産平目を1週間熟成させたカルパッチョと温かいトマトをあわせたもの。ゴマに挿してあるのだが、少々ゴマがこぼれてしまった・・・

ウッフ
ウーフ
餌にこだわり昔ながらの卵を提供している石本農場の半熟卵に、フランス産のペッシュ(桃)のコンフィーのピューレ、エピス風味のクリーム、アーモンドのロースト、シェリービネガーをあわせたもの。底からかきまぜて食べるといろんな味が混ざり合い、玄妙な味わい。

パン
バゲット1

このパン、メチャクチャ美味い!後で知ったのだが、このパンはブログなどでよくその名を聞き、かねてより食べてみたかった吹田の有名店「ル・シュクレ・クール」のもので、単にお店で売られているものをそのまま使用しているわけではなく、料理応じたパンをリクエストして作ってもらっているらしい。温められたパンはハード系なのにしっとり柔らかく、芳醇な風味が・・・いや、これもうホンマ美味しいパンですわ・・・
バゲット2
(2回お代わりで計3個いただきました)

最高のバンには、北海道産無塩バター、エシレ製有塩バター、ゲランドの塩、ギリシア産オリーブオイルと、これまた厳選の品とのバリエーションを楽しめる。

バター

嫁はエシレ製有塩バターがすごく美味しいと言ってた。俺はオリーブオイル&塩が好き。


岩手産帆立のポアレ。
ホタテ

フランスのクスクスのサラダと合わせられている。表面だけ火入れされ中はほぼレア。
帆立UP

美味い・・・この帆立も今まで食べた中で一番美味しい。 

サービススタッフは全員きっちりとしたスーツ姿で、皿に指紋が付かないよう白い手袋を使っている。かといって堅苦しい雰囲気はなく、皿をさげてもらう度に「美味しかったですわ~」と感想を言うと笑顔で気さくに応じてくれる。こおゆう高級レストランに慣れてない我々にとっても居心地よい接客ですわ。


ミネラル
ミネラル
説明より:
自然へのHommageそして Mineralへの表現。
雨のひと雫が、山の上からひとつひとつ集まり、様々な地層を通り、力を抱え、川を作り、海へと流れてきます。大地の力を吸収するのはlegume。それぞれの野菜の必要な成分を吸収し、その残りのミネラルが海へと流れていきます。海でミネラルと出会うのは貝類。貝のミネラル成分は水に溶けやすい為、貝のエキスのみ使用します。大地と海からのミネラルを合わせたこの一皿は、地球からの人へのメッセージのような気がします。


地球からの人へのメッセージというこの品は、66種類の野菜をそれぞれ温度も処理も味付けも違えてサラダ仕立てにしたもの。これやなぁ。ネットでみかけて印象に残ってたヴィジョンは。
ミネラル-UP

皿の周りには絵の具のようにカボチャやパプリカなどのペーストが散りばめてあり、貝のエキスの泡がのせられている。

夜は100種類を超えるらしい。壮観やろなぁ・・・玉葱がびっくりするほど美味しかった。メインディッシュレベルの品・・・


フランス・カオール産の鴨のフォワグラを使用した「~foie gras au naturel~ フォワグラナチュール、サブレとヨーグルト」
フォワグラ
フォアグラの本来の味とは何か。それを表現すべく、シンプルに焼塩だけで調理しました。
風味 味を損なわせない為にゆっくりと丁寧に火を入れてきます。まずはフォアグラだけを食べてみてください・・・・酸味はワインビネガー、香りにノワゼットを添えて。


生のような低温で仕立てられたフォアグラ。味付けは焼き塩のみ。フォワグラてソテーでしか食べたことないけど、「そら世界三大珍味て言われるわなぁ」と納得する美味しさ・・・フォアグラのみで食べるのも良かったが、個人的には唐辛子と一緒に食べるのが一番美味だった。

このフォアグラ、新鮮なんやろなぁ・・・口の中で官能的に溶けていくような食感・・・beyond description!


子羊
子羊
表現したい子羊の奥にある甘みを引き出すように、赤外線でやさしく火を入れながら丁寧に肉の緊張をほぐしてあげます。火が入るぎりぎりを狙うことにより、やわらかく、甘みを感じるように仕上がります。
肉の甘みに合わすのは、干しブドウのチャツネ、クミン風味のヨーグルト、そして、相性のいい茄子。フランス・ゲラルドの塩がうまみを引き立てます。


サーブしてくれた時に「このタイミングでお出しすべく3時間前から赤外線でジワジワと火入れしてきました。細胞膜がほどけるような食感をお愉しみください。」との説明があった。

子羊らしくスっとナイフが入る感触はないが、口にいれると柔らくなんともいえない肉の旨みが広がり、噛めば噛むほど味が出てくる。こんなに旨みを味わえる子羊は初めて。至福の味わい。

ソースはレーズンのチャツネとクミン風味のヨーグルトだが、付け合わせの茄子のチップは甘すぎる感が。


オリーブのソルベ
ソルベ

黒いのは、オリーブの乾燥させてたもの このお皿が極限までに冷たくされていた・・


このタイミングで、お店から結婚記念日のキャンドルサービスが!
サプライズ

中心にろうそくが入った飴細工の周りには、チョコレートで名前とお祝いのメッセージ(たぶんフランス語で「おめでとう」でしょか?)も。

さらにお店からプチブーケと記念の写真撮影もしてもらった。ありがとうございます!

メインデザートは、黒糖生地で作ったカップの中にキャラメルソースで和えた苺とカラメルのアイスが入ったもの。
デザート

デザート-UP

最後にプティ・フール。カカオの薄い飴細工と3層からなるさっぱりしたムース、一口サイズの生チョコや生キャラメルと入り飴など。食後の飲み物でオーダーしたフレーバー・ティーとコーヒーとともにいただいた。
1 2

チョコ


店を出るとき、シェフがわざわざ見送ってくださり、挨拶してくださった。「子供さんへのお土産に」とマカロンのお土産も。


支払いはグラスワインやサービス料込みで2人で2万円ちょっと切るくらい。

深い満足感と余韻・・・「口コミもええし、高い処やから美味しいやろなぁ」と期待してたが、ここの料理はそんな期待を遥かに超えるものだった。フレンチやイタリアンの高級店は子供が生まれるまではたまに行ってたが、今まで行った店の中では頭抜けてNO.1だ。

予約を入れるとき「この1回のランチでビストロのランチ5~10回食べれるなぁ・・・?」とナチュラルボーン小市民的な考えが頭をよぎったが、そういう損得勘定は店を出るとき完全に払拭されてた。
ここの料理とサービスは俺の日常生活の圏外にある、まさに「特別」なものだった。夫婦で良い思い出ができました。
CIMG9607.jpg

ガンツ



住所:大阪府大阪市西区江戸堀1-9-11 アイプラス江戸堀 1F
tel:06-6447-6688
営業時間 [水~日]12:00~13:00(L.O) 18:00~20:00(L.O)
定休日 月曜日、火曜日
[ 2009/07/02 00:00 ] フレンチ★大阪市 | TB(0) | CM(2)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。