スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

金久右衛門(深江橋)ラーメン

夏真っ只中ですねぇ・・・

空


最近仕事帰りの外食が難しく、ひとりで自由に外食できるのは基本的に平日の昼くらいなのだが、職場周辺の目ぼしい昼飯処はだいたい行き尽くした感があり、少々マンネリ気味・・・

職場の森ノ宮から2駅離れた深江橋に「金久右衛門キングエモン」という、ラーメンブログなどでも高評価を受けている醤油ラーメンの専門店があるのは知ってたのだが、1駅離れた玉造にはときどきチャリで昼飯を食べに行くものの、2駅の距離となると休み時間内に生還できるかどうか・・・・?時間との厳しい戦いが予想されたが、未知の醤油ラーメンの味を求めて行ってみることにした・・・

猛暑の中、尻を浮かさんばかりの勢いでチャリで激走、幹線沿いですぐに見つかるかと思ったのだが店がなかなか現れず焦ってきたが、看板のないそれらしきラーメン屋を一度行き過ぎてから発見した。
CIMG6568.jpg

「行列してたら時間的にアウツ、コンビニおにぎりランチやな・・」と危惧していたが、さほど混んでいなかった・・・

このお店の醤油ラーメンのスープは、黒醤油(濃口)、紅醤油(ふつう)、金醤油(薄口)と3種類の中から選べ、麺も太麺と細麺からチョイスできる。初めてなので、この店のメインである「大阪ブラック」(700円)の太麺をオーダー、ギョーザ(5つで100円!安!)もお願いした。

目の前にコレもあったが、さすがにヤメておこう・・
にんにく


「大阪ブラック」
大阪ブラック

その名のとおり見た目は真っ黒・・・

ビジュアル的には昔信州で食べた、やたら醤油辛い蕎麦を思い出したが、スープを含むと塩辛くも醤油辛くもなく、トリガラと魚系の澄んだ味がっかり感じられて、ンまぁい最近食べたラーメンの中では一番スキ!
麺

醤油ラーメンでは尾道ラーメン十六番なんかもお気に入りだが、ここの醤油ラーメンもかなり美味しく感じられた・・・やはり自分は醤油ラーメンが好きのようだ・・・

ギョーザも美味しかった・・・
餃子

帰りは「灼熱の太陽熱」「チャリの運動熱」「ラーメンスープの余熱」のヒートスパイラルに苦しみながらチャリで激走、無事休み時間内に帰還できた・・・

ラーメンは美味しかったし、また食べたいが、流石に夏場はシンドイなぁ・・・涼しなったらまた行ってみよう・・・

20070905221942.jpg


金久右衛門 (きんぐえもん)
住所:大阪市東成区深江北3-2-8 
電話:06-6975-8018 
休み:日曜日
営業時間:11:30~14:00  18:00~24:00
スポンサーサイト
[ 2008/07/31 22:42 ] ラーメン★大阪市 | TB(0) | CM(4)

Onii Chan and Kitchen(堺)ダイニングレストラン

それにしても暑いですなぁ・・・
CIMG6544.jpg

この日は家族で外出した際、昼食時にアカチャンが熟睡モードに突入、その隙をツイて久しぶりに家族で外食して帰宅することにした。

堺の三国ヶ丘付近で家族連れで入れてゆっくりできる店はないか考えたところ、Jrはいつもの如く「神座」を主張、一方、嫁はこの近くに最近できたらしい花田勝プロデユ―スのちゃんこダイニングの店を提案し両者の思惑が激突!・・・俺的には完全に消化試合でどっちでもよかったが、結局、花田勝プロデユースの店に行くことになった。

外食する予定ではなかったのでデジカメなし、携帯カメラでの記録になります。

これが12月にOPENしたばかりの花田勝氏(元若乃花)プロデュースのダイニングレストラン、Onii Chan and Kitchen(おにいちゃん&キッチン)
外観

店内は比較的落ち着いたオサレな雰囲気で、店内にはお約束のまわしも飾られている・・・ちゃんこメインではなく、和食、イタリアン、フレンチなど供される料理は多様。
まわし

ところで、この店、3階建てなのだが、後からHPをみてると3階にはジャグジー風呂を併設した特別室があるらしい・・・
3階
この特別室て、どう使うんやろか・・・?ひとっ風呂浴びてから食事するか?あるいは食後にゆっくり風呂に入り、デザートと冷たい飲み物をいただくとか・・・わが生涯で使用する機会は訪れないのでどうでもいいが、この部屋を使用している堺のセレブに聞いてみたい・・・

ランチメニューに、「美肌!!鶏のおにいちゃんこ鍋 1800円」があったが、売り切れとのこと。ちゃんこ鍋目当てにこの店に来た嫁は残念そうだった・・・

嫁はメインディッシュから一品選択できるレディースセット注文し、メインディッシュは「ふんわりたまごのシチューオムライス」をチョイス。
オムレツ
このオムライスは結構美味しかったようだ・・・

俺はちらし寿司と稲庭うどんがセットになった寿司御膳を。ちらし寿司は正直ベシャとしててイマイチだった・・・
ちらし

ちらしアップ

Jrは大海老フライにウィンナーが付いたセットを注文した。
エビフライ
Jrは骨付きウィンナーをいたく気に入ったようだ。
エビフライアップ

有名人プロデュースの店、かつ各国料理なんでもあり、ということで先入観から個人的には全く期待していなかったが、料理はそれなりに美味しかった。
(それでも正直、ちょっと値段は高めかな?いと思ったが・・・)

店内は落ち着いた雰囲気で、接客もよかったし、居心地とかを考えると良いかなぁ・・・

住所・大阪府堺市堺区榎元町6-6-7
TEL:072-238-4527
営業時間 : 11:00~23:00(L.O.22:00)
ランチタイム  11:00~L.O. 14:00
カフェタイム 14:00~L.O. 17:00
ディナータイム 17:00~L.O. 23:00
年中無休
[ 2008/07/28 22:05 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

俺のお出かけ日記 2008夏の磯ノ浦

7月の三連休の真ん中の日曜に友達家族と和歌山県の磯ノ浦に。

海1

磯ノ浦の海水浴は今年で4年目で夏の恒例行事になっている。白浜なんかに比べると海の透明度は格段に落ちるが、大阪からは近いし、そんなに混雑してないし、(この日はそうでもなかったが)そこそこ波が高く面白いのでボディボードをしてる人も結構多い。
海2

海には、波と砂浜、カニやヒトデの生き物など、プールとは違う海ならではの楽しみがあるので、子供達にはやはり面白いようだ。
子供

この海水浴、最初は子供サービスという感覚だったが、今では俺自身、ここに来るのを楽しみにしている。浮き輪につかまって波間にユラユラ浮かんでると癒されるねんなぁ・・やはり海はイイね・・・

肉
今年は2家族だけだったので、炭火を起こしてではなく、簡易ガスコンロでのバーベキュー。
CIMG6459.jpg
こおゆうところで食べる焼肉はやっぱり美味いね~

帰りにシャワーを浴びた後はかき氷でクールダウン・・・
かき氷

帰りにどこかでご飯を食べて帰るのだが、せっかく和歌山に来たので「井出商店」や「丸三食堂」など和歌山ラーメンの有名処を食べて帰りたかったが・・・「井出商店」には行列できてるわ、子供らは車に乗るやいなや睡眠モードに突入してるわで断念・・・とりあえず堺まで帰ってきた。

焼肉は昼食べたし、回転寿司はダダ混みやしで、どこに入るか迷っていたところ、三連休のど真ん中の晩7時という、外食店にとっては最も混むプライムタイムに、比較的待たずに入れる店ということでチョイスしたのが中環沿いにある「神座」
外観
俺が注文した「小チャーシュー煮卵ネギラーメン」
チャー
う~ん・・・個人的にはネギはないほうが良いかも・・・

友達が注文したつけ麺
つけ麺
友達は、最近つけ麺に凝ってるようだが、このつけ麺はイマイチだった様子・・・

子供達のお子様セット
お子様セット
Jrはもちろん、子供達には好評だった・・・

神座のラーメンは安くて美味しいけど、来年こそは和歌山ラーメン食べて帰りたいなぁ・・・
[ 2008/07/23 22:20 ] 俺のお出かけ日記 | TB(0) | CM(0)

うどん大和(大国町)和食

この日は休日出勤だったので、出勤途上にひとりで朝飯を食べにいくことにした。

ひとりで朝飯を食べるときの行き先は決まってて、御堂筋線の大国町で下車して木津市場に向かうか、市場が休みのときは心斎橋のドトールでミラノサンドAを食するのがパターン。この日は土曜で木津市場が空いているので大国町で下車。
市場

市場内には、超絶カレーうどんで有名なうどんの「大和」と鰻の「川上商店」という魅力的な2つの店がある。鰻が大好物の俺はいつも「川上商店」をチョイスしてしまうのだが、この日は、「胃袋は宇宙だ」「美味いもん食らうんジャー」などのお気に入りブログで紹介され、かねてより一度食してみたいと思っていた大和の「肉巻き定食」を食べることにした・・
外観

店に入ったのは朝の8時くらい。すんなり座れたが、続々とお客さんが訪れ、あっという間に満席に。しかし、ここの店主は元気ええし、愛想がええし、朝からほんまに気持ちがいい。

肉巻き定食を注文し、「ブログで見てて、食べたなって来たんですわ~」というと「ブログみてこれ注文しはるお客さん多いんですよ~」と店主。

肉巻き定食というのは、肉うどんなどに入れられる甘辛い味付けをしたお肉を玉子焼きで包んだもので、ご飯+貝のお吸い物+漬け物で1570円。朝やし、ブログではかなりのボリュームのようなので、ご飯は少なめでお願いした。

念願の「肉巻き定食」
定食


肉まき


食べてみると・・ぬおっ!ほんまに美味い!・・・
醤油ベースのすき焼き風タレがシュンだ和牛と半熟玉子の絶妙のハーモニー・・
アップ

ダイゴロウさんの如く「肉巻き・オン・ザ・ライス」で食べてみたが、これまた予想どおり美味・・・
オンザライス


肉厚のあさりが入ったあさりの潮汁もイイネ・・・
あさり

量はあんまり食べれない俺だが、もうちょっとご飯食えたかなぁと思っていると、そんな俺の心中を慮ったように、店主からちくわ天のサービスが・・・
チク天

こおゆうさりげない心遣いは嬉しいなぁ・・・う“~ん、鰻大好きやねんけど、今度木津市場来るときも「大和」にきてまいそうやなぁ・・・・

住所:大阪府大阪市浪速区敷津東2-2-8
    木津卸売市場内 うどん大和
営業時間:04:30~13:30
日・木津市場の定休日休み

余談

普段夫のブログにほとんど興味を示さない嫁だが、たまたまデジカメの肉巻き定食の写真を見て「うわ~何これ?美味しそう!これは食べたい!」・・・・
この肉巻きのビジュアルはかなりササった模様・・・
[ 2008/07/15 10:51 ] 和食★大阪市 | TB(0) | CM(6)

六五六-ムツゴロウ-(堺)チャンポン

先日、博多ラーメンの「虎と龍」を教えていただいた「とらにゃん」さんから下記のコメントをいただいた・・・

・・・・実はもう1軒、うちの旦那イチオシのラーメン屋があります。ご存知かもしれませんが店名は「九州ラーメン六五六」
場所は新金岡から中環沿いに三国ヶ丘方面へ向かって右側。「かっぱ寿司」のちょい手前辺りになります。
旦那いわく「ラーメン屋に清潔さを求めるんやったら行ったらアカンわ。メニューもチャンポン1品だけやし。でもメチャうまいで!目いっぱい腹すかしてから行かんな食べきれんけど。」だそうです。ネット検索するとお店の情報が結構でてきますよ。・・・・


さっそくググってみてみると、我が愛好ブログ「胃袋は宇宙だ」、「まろんと炒飯」、「素人関西ラーメン紀行」でも紹介されていた・・しょっちゅう見てんのに見逃してたやんか・・・

ブログをみてると、この店、

・営業中でもシャッターは半分閉められたまま。
・店内にはメニューも料金表も一切ナシ。出されるのはチャンポンのみ。
・黙って椅子に座れば店主が勝手にチャンポンを作り出す。
・カウンターに置かれた灰皿の下に千円を忍びこませると、100円玉が暗黙の了解で置かれこれで会話も無く注文状態になるシステム


などと俺的食べ歩き好奇心をくすぐりまくる、ブログネタとしても極上の情報がてんこ盛り・・・で、即出撃決定!

一度、土曜日の晩7時半頃行ってみたのだが、シャッターが完全に閉まっており断念。平日の晩7時過ぎに行ってみると店は開いていた・・・
外観

この外観・・・間違っても通りすがりにふらりと入ろうとは思わんやろなぁ・・・インターネットてほんま文明の利器やね・・・

事前にみたブログで

・アゴヒゲをたくわえ、いかにも一筋縄でいかん風貌
・一見するとコワモテで話しかけづらいオーラを放っている
・めっちゃ へんこ


と評されている店主について、俺は自分の頭の中で「日本一インパクトのある芸名を持つ男」
↓丹古母 鬼馬二たんこぼ きばじ
たんこぼ

風のイカツ恐系の風貌を勝手にイメージングしてたのだが、実際には、80年代にヒットした「ベスト・キッド」に出てくる空手の師匠↓ミスターミヤギ系の風貌であった・・・「ダニエルさん・・・」
バットモリタ


入った正面にあるカウンター席に着席しようとすると、店主に「そこ熱いからこっち座り」と促された。どうやら、着席しようとした席こそ、鍋の炎が舞い上がる噂の「ファイアーシート」だったようだ・・・

ブログの情報どおり、店主は一見の客にもかかわらず注文も聞かずに、着席と同時に自動的にチャンポンを作り始める。待つこと数分、待望のチャンポンが供された・・
ちゃんぽん

むう・・・「上品」、「繊細」、「華美」といった形容動詞とは完璧に対極に位置する、荒々しい威容のチャンポン・・・食べ歩きブログライターとして、コレをどう表現したらよいのだろうか・・・?今の俺には「男塾チャンポン」と陳腐な形容するのが精一杯だ・・・・

ここのチャンポンは、豚肉・イカ・チクワ・カマボコ・キャベツ・もやし・にんじん等をラードと豚骨スープで炒めた後に大量のコショウと少量のウスターソースで仕上げたもの。麺はおっちゃんがビリビリと袋を破いて鍋に投入していたから、たぶんスーパーで売っているそのへんの中華そばであろう・・・・・
麺

食してみると前情報どおり、キャベツの甘みが引き出されている。炒められた豚肉、イカもウマい・・・想像してたほどのコショウの辛さは感じなかった。スープは、むーん、美味い不味いという感覚を超えた不思議な独特の味・・・

食べ始めたときは、正直、スープのウスターソースの味に違和感を感じた。俺はコロッケなどのフライものやカレーには醤油、家で作るお好み焼きも醤油とマヨネーズで食べるほどの醤油党で、ソースは滅多に口にしないので、食べたとき「豚骨ベースやから醤油の方が合うと思うけどなぁ・・・」などと思っていたのだが、食べ進むうちに、うん?あれ?いや、コレにはやっぱりソースでないとあかんのちゃうか?とすら思えてきた・・・

あれやこれや考えながら不思議なチャンポンに取組んでいると、カウンターの隣に1人のお客さんが来店。どうも久しぶりに訪れた常連さんのようだ・・・その常連さんは「ん~今日は何にしようかな?スタミナチャンポンとビール」

「スタミナチャンポン」・・・

メニューのないこの店には「常連客になると食べることのできる裏メニュー」があるとのことだが、果たしてこれがその裏メニューなのか・・・チラ見してみたが、ノーマルチャンポンとの区別はつかなかったが・・・

ここのちゃんぽん、正直、最初に口にしたとき「ウマい!」ゆう感じはせえへんかったのに、食べてるうちにどんどんウマくなってきた・・・多いといわれていた量も難なく完食。

その日の寝しな、数時間前に食べたあのチャンポンがまた食べたなってきた・・・この感覚・・・自分の中ではトマトラーメンの「信濃路」以来・・・珍しくハマったかもしれん・・・

家も近所やし早々にリピートするのは確実。ぬーん、たしかにコレ、中毒性あるかも・・・


九州ラーメン 六五六
住所 大阪府堺市堺区向陵東町1-2-18
営業時間 11:00~13:00頃 18:00~20:00頃(店主の気分次第)
定休日 日曜日・祝日・不定休(店主の気分次第)
[ 2008/07/09 23:00 ] ラーメン★堺市以南 | TB(0) | CM(12)

きくや(玉造)うどん

昼飯時にちょくちょく自転車で玉造まで関東煮を食べに行く「きくや
外観

ところで、この「きくや」、こないだ食べログみてたら、なんと「おでん 鍋部門」で3位とかにランクインしていてビックリ・・・

この店、世間的にそんな高評価を受けてる店やったんや・・・知らなんだ・・・根源的にミーハーなので、そう思うと、なにやら一層美味いように感じる・・・

ところで、俺は子供の頃から関東煮をおかずにご飯を食べる習慣がなかったので、この前訪れたときご飯&味噌汁はやめて、肉うどんと関東煮の組み合わせで食べてみたのだが、この取り合わせがかなり気に入ったので記録に残すことにした。

肉うどん 530円
肉うどん

うどんは食べるまでもなく見た瞬間に市販の冷凍モノと識別できるふにゃふにゃの細うどん・・・まぁ俺はうどんは基本的にダシが美味ければOKやし、そもそもこの店でうどんの質は求めへんけど・・・逆に手打ちのコシの強い本格派うどんが出てきたらびっくりするなぁ・・・
うどん

この肉うどんのキモは、なんといっても関東煮と共通のこのダシ!素晴らしい・・・ふにゃふにゃの細うどんと、無骨に投入されたネギ、かまぼこ、牛肉もまたダシとマッチしてウマい。

この日チョイスした関東煮の具は、ゲソ、つくね、大根、厚揚げの4品
おでん


この日の会計は840円也。あ”~しかしこの肉うどん&関東煮はちょっと癖になってるなぁ・・・俺的昼飯処のローテーションの一角をこれからも確実にキープするだろう・・・

きくや
住所:大阪市東成区東小橋1-1-17
電話:06-6976-9629
休み:土日祝
営業時間:11時30分~22時
[ 2008/07/03 22:42 ] うどん★大阪市 | TB(0) | CM(8)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。