スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ブーランジェリー・ラボ・フィセル(西長堀)パン

ちょっと前になるが、堂島ロールで有名な「モンシュシュ南堀江店」に子供の誕生日ケーキを受け取りにいったのだが、友達から推薦されていたパン屋さんがモンシュシュの5メートルくらい隣にあったので、パンを買ってかえることにした。

外観

店舗というよりフリマっぽいたたずまい。

店頭

食パンを買ってかえろうとしたが、人気らしく、すべて予約済みだった。

食パン

ここのパンは谷四の「パリ・オランジュ」も使ってるらしい。ランチ行った時の日記を読み返すと、たしかにこのパンが使われてた。

CIMG0762.jpg

以下は買って帰ったパン

CIMG0763.jpg CIMG0764.jpg

CIMG0766.jpg CIMG0767.jpg

CIMG0768.jpg CIMG0772.jpg

CIMG0773.jpg CIMG0913.jpg

いや、値段も安めやし、美味しかったですわ。

こちらのパン屋さん、いつかブログにアップしよと思てるうちに、阿波座のほうに移転されたらしい・・・(汗)

現店舗のほうが西長堀よりも寄りやすいので、また行ってみよう。

VI

ガンツ


住所:大阪市西区立売堀3-8-5
営業時間:11:00~売り切れ次第終了 土日月祝休
TEL:080-5705-0805

スポンサーサイト

文目堂(谷町六丁目)蕎麦

パソコンのファイルに埋もれてた写真を発見、ご無沙汰の蕎麦ネタなのでアップしとこ。


かなり前に仕事帰りに「谷町六丁目」で途中下車して寄った空堀の蕎麦屋さん「文目堂」


遠景

ここは、空堀の蕎麦の有名処「蔦屋」や、以前行った「ビストロギャロ」のように民家を改築したお店。趣があって良いなぁ・・・

外観

店内はノスタルジックな佇まいかつ結構広くゆったりしている。う~ん、こういう家に住みたいなぁ。

店内

「鴨汁そば」と、「大豆の海老煮」を頼んだ。

鴨汁そば

記憶が薄いが、蕎麦は確か粗挽きをお願いしたと思う。細切れの蕎麦だった。

そば

鴨汁は蕎麦湯で割って飲み干した。

蕎麦湯

美味しかったと思うねんけど、アカン、日が経ちすぎて記憶が・・・ 近々再訪してみよう。

文目堂

住所:大阪市中央区安堂寺町2-2-26
営業時間:11:30~14:30 17:30~20:30  木休
TEL:06-7504-5260
[ 2010/02/19 00:41 ] そば★大阪市 | TB(0) | CM(0)

皐月庵(谷町九丁目)中華つけ麺編

肉揚げカレーうどんで腹が膨満気味であるのもかかわらず、勢いで中華つけ麺を食べることに。

店内


限定7食という中華つけ麺(600円)が運ばれてきた。

中華そば


量はそんなにない。カレーうどん食べた後やったのでちょうどええけど、これだけやったら少ないかも。


つけダレは、うどんの濃い出汁に豚ひき肉と油が浮かび、中華風になっている。

つけ


麺も流石に風味がよく、つるつるとした口触りで美味しかった!

そばアップ


う~ん、正直、麺は美味しかったが、つけ汁は流行りの魚介豚骨Wスープなど重層的なつけ汁を食べなれてるせいか、個人的にインパクトは弱く、食べ始めたときは多少物足りなさも感じた。が、スープ割をしてもらうと、旨みがよくわかり完飲してしまった。

わり


カレーうどん、中華つけ麺と連食し、腹がハチ切れそうになったが、不思議と思ったほどの胃もたれは無し。こだわった素材を使ってるからなんやろね。


しかし、過食を控えようと思たのに、やってしもたなぁ・・・

最近、他の方のブログで、現在行われている「第3回 関西讃岐うどん 西国三十三ヶ所巡礼~!!」 でうどん屋をはしごされてる猛者の記事を目にすることが多いせいか、連食することが普通のことのように思えてるからかもしれん・・・胃弱やしマイペースの食べ歩きを心がけよう・・・

住所:大阪市中央区東平1-4-5
TEL:06-6762-1468
営業時間:11:30~15:00 ※売切れ次第終了
定休日:日曜・祝日
[ 2010/02/16 00:00 ] ラーメン★大阪市 | TB(0) | CM(2)

皐月庵(谷町九丁目)カレーうどん編

大阪のカレーうどんを語るときに必ずその名が登場する孤高の名店「皐月庵」・・・

このブログを始めた頃に行ったきりだったが、ちょうど開店時間に近くに行ったので、ここで早めの昼飯を食べることにした。

外観


着いたとき店はまだ開いていなかったのだが、(オカミさんかな?)店からみるからに気のよさそうなオバチャンが出てきて「中華そば?」と聞いてきた。

その時「ん?なんで中華そば?」と不思議に思いつつ、普通に「うどん食べに来ましてん」というと、「もうすぐ開けるから入り」と中にいれてくれた。


「肉揚げカレーうどん」を注文

肉あげカレー

いやぁ 美味しいなぁ!

前に食べたときは、美味しいが、スパイスのピリピリとした感じが求めているカレーうどんから若干ハズれてる感じがしたけど、あれから数々のカレーうどんを食べて舌が肥えたのか、世間の評判に感化されたのかわからないが、3年半の時を経てふたたび食べた「肉揚げカレーうどん」はかなり美味しく感じられた。

カレーうどん

味わいながら出汁まで完飲、オバチャンに「美味しかったですわ」というと、

オバチャン: 「中華そばもごっつ美味しいねんで!」

俺:「えっ?ここ中華そばなんかやってるの?」

オバチャン: 「そう、中華そばと中華つけ麺があって、限定7食ですぐなくなるねん 前の日から予約も入ってるし」


このとき冒頭のやりとりの意味をアンダスタン。中華そばを求めて開店前に待ってたマニアと思われたんやね・・・

限定7食て・・そらすぐ無くなるわ・・・しかしながら「限定」という響きに弱い俺は、カレーうどんで膨らんだ腹の空き容量を探りながら、


「まだあるの?」

と、とりあえず聞いてみた

オバチャン、店主に聞きにいく。

「1食だけ残ってるて」

すると厨房から「職人気質」という言葉を体言化したような店主が登場、

「うちの中華そばは他所のとは別もん。こんな作り方してる店はどこにもないよ」
(キッパリ!)


今年からは過食は控えてるんやけどなぁ・・・しかし、名にし負う皐月庵の店主から「ラストサムライ」の渡辺謙ばりの眼力で気圧されたら・・・・


「ほな、つけ麺お願いします


と思わずオーダーしてしまった・・・・ハァァ



「中華つけ麺編」に続く・・・

住所:大阪市中央区東平1-4-5
TEL:06-6762-1468
営業時間:11:30~15:00 ※売切れ次第終了
定休日:日曜・祝日

タベルナ・フェリーチェ(なかもず)イタリアン

最近、休日の昼は家族で外食はせず、家で食べているのだが、この日は子供(男児)のたってのリクエストで、何故か昼ご飯にポケモンの顔を模したプレートとケーキを作って食べることに決定した。

幼い子を持つ家庭人として、時にはそういうファンシー系の食事も口にする機会があるこは頭では理解しているのだが、、このときは気分的にちょっと辛さを感じてしまったので、嫁さんに断りをいれ、別行動で近所のイタリアンに単身で行ってみることにした。

外観

この「タベルナ・フェリーチェ」、以前は泉北高速鉄道深井駅の近くにあって、堺市では結構高評価を得ていたイタリアンだが、人気があったにもかかわらず3年前に店を閉めたのだが、去年中百舌鳥で再開し、前から気になってた。

ちなみに深井に店があったときに行ったことがあって、正直俺はあまり記憶にないのだが、嫁さんは覚えてて好評だった。

PranzoA\1000(サラダ、パン、パスタ、ドルチェ、ドリンク)をオーダー。パスタは+100円で大盛りにできるので、大盛りにしてもらった。


サラダ
サラダ

パン
パン

鶏と小松菜のトマトソースパスタ
パスタ

パスタは家庭的な味。驚きはないがオーソドックスに美味しい。

アップ

デザート
D.jpg

デザート、飲み物がついてて1000円やったら十分やと思う。ただ、支払いは、1,105円。+100円の大盛りに消費税かついてるんやね。初めてかも。別にええねんけど・・・・

ガンツ

[ 2010/02/08 00:07 ] イタリアン★堺市以南 | TB(0) | CM(4)

もつ麺屋(森ノ宮)つけ麺


先週、職場の近所の「麦笑」にうどんを食べに行ったら、同じ並びの5~6メートル離れたところにラーメン屋が新しくオープンしていたので、カメラを持参で訪れてみた。

外観

この辺でこういう感じのラーメン店は珍しい。ときどき行ってるお気に入りの「東成きんせい」が最近昼に行列ができてていけてないので、職場の近所でラーメン食べるのは久しぶり。


メニューはこんな感じ。もつのつけ麺ゆうのが目新しい。つけ麺は醤油と味噌味がある。「もつつけ麺 醤油 680円」を注文。

メニュー

つけ麺はあつもりも可。つけ麺は食べてるうちにつけ汁が冷たくなるのが難点なのであつもりを頼んだ。


麺

う~ん、麺は並盛やとちょっと少なめかなぁ。大盛りやと+150円なるけど。

つけ汁

つけ汁は若干甘めやけど、もつのフルフルとした食感、旨みが出ててなかなかよかった。

CIMG1348.jpg

店を出ると、入り口の横に「ご自由におとりください」と100円の割引券が!しもた!よう見なあかんわ・・・

CIMG1353.jpg
[ 2010/02/05 00:00 ] ラーメン★大阪市 | TB(0) | CM(0)

らくしゅみ(西大橋)カレー


ネットで大阪のカレー処を検索すると、「旨い」「辛い」「行列」などのキーワードとともにその名がヒットしてくる大阪カレー界の巨峰「らくしゅみ」、2~3年前からずっと行ってみたかった店だが、近所に行く機会があったので、突撃してみた。

外観


路地沿いで結構わかりにくいところにあるが、行列が目印になりすぐわかった。6人くらいの行列に加わり、20分ほどで入店した。

看板


メニュー

店内はかなり薄暗く、それっぽい音楽とあいまって、非日常的な雰囲気。

店内


何種類かあるカレーから2種類チョイスできるシステムで、レギュラーサイズで1000円。チキンとキーマが人気らしいのだが、チキンはすでに売り切れ、定番らしいキーマと野菜の組合せで注文した。


プレート

サフランライスが結構なボリュウム。


キーマカレーはオイリーで旨いけど、だいぶ辛い!野菜カレーが優しい味なので、ライスと野菜カレーでキーマカレーの辛さを中和しながら食べていく感じ。

アップ

う~ん、キーマ辛くて旨いねんけど、野菜カレーは普通。食べてる最中は、評判ほどかな?常に行列みたいやし1,000円やし再訪はもうないかな?というのが素直な印象。

多いときには50人くらいの凄まじい行列になるということで、北浜のカシミール級のディープインパクトを期待した「らくしゅみ」だったが、個人的には「カシミール」とは正直差があった。

説明しにくいが、個人的な好みの度合いを山の高さにたとえると、ラーメンでは、現時点の最高峰エベレストは緑橋の「金久右衛門」で、次に思い浮かぶ阿波座の「信濃路」や玉造の「東成きんせい」などの店はK2やローツェなど8000mオーバーのヒマラヤジャイアンツの高さがあってそない差がないのだが、カレーでは、カシミールがエベレストだとすると「らくしゅみ」はマーターホルン(4,477m)くらいかな?最高峰との次との間にだいぶ差がある・・・


しかしながらこの「らくしゅみ」、量も多かったし、辛さの刺激で晩まで胃が重かったのだが、寝る頃に旨さの余韻がやってきた。このへんが多くの人を病みつきにしてるのかもしれない。チャンスがあればもっかい食べてみたいとは思う。


ガンツ


住所:大阪市西区新町1-20-17
電話:06-6536-0779
定休日:日・月・火・祝
営業時間:11:30~15:00(土~16:00)
[ 2010/02/04 00:00 ] カレー★大阪市 | TB(0) | CM(2)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。