スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

六五六-ムツゴロウ-(堺)チャンポン

先日、博多ラーメンの「虎と龍」を教えていただいた「とらにゃん」さんから下記のコメントをいただいた・・・

・・・・実はもう1軒、うちの旦那イチオシのラーメン屋があります。ご存知かもしれませんが店名は「九州ラーメン六五六」
場所は新金岡から中環沿いに三国ヶ丘方面へ向かって右側。「かっぱ寿司」のちょい手前辺りになります。
旦那いわく「ラーメン屋に清潔さを求めるんやったら行ったらアカンわ。メニューもチャンポン1品だけやし。でもメチャうまいで!目いっぱい腹すかしてから行かんな食べきれんけど。」だそうです。ネット検索するとお店の情報が結構でてきますよ。・・・・


さっそくググってみてみると、我が愛好ブログ「胃袋は宇宙だ」、「まろんと炒飯」、「素人関西ラーメン紀行」でも紹介されていた・・しょっちゅう見てんのに見逃してたやんか・・・

ブログをみてると、この店、

・営業中でもシャッターは半分閉められたまま。
・店内にはメニューも料金表も一切ナシ。出されるのはチャンポンのみ。
・黙って椅子に座れば店主が勝手にチャンポンを作り出す。
・カウンターに置かれた灰皿の下に千円を忍びこませると、100円玉が暗黙の了解で置かれこれで会話も無く注文状態になるシステム


などと俺的食べ歩き好奇心をくすぐりまくる、ブログネタとしても極上の情報がてんこ盛り・・・で、即出撃決定!

一度、土曜日の晩7時半頃行ってみたのだが、シャッターが完全に閉まっており断念。平日の晩7時過ぎに行ってみると店は開いていた・・・
外観

この外観・・・間違っても通りすがりにふらりと入ろうとは思わんやろなぁ・・・インターネットてほんま文明の利器やね・・・

事前にみたブログで

・アゴヒゲをたくわえ、いかにも一筋縄でいかん風貌
・一見するとコワモテで話しかけづらいオーラを放っている
・めっちゃ へんこ


と評されている店主について、俺は自分の頭の中で「日本一インパクトのある芸名を持つ男」
↓丹古母 鬼馬二たんこぼ きばじ
たんこぼ

風のイカツ恐系の風貌を勝手にイメージングしてたのだが、実際には、80年代にヒットした「ベスト・キッド」に出てくる空手の師匠↓ミスターミヤギ系の風貌であった・・・「ダニエルさん・・・」
バットモリタ


入った正面にあるカウンター席に着席しようとすると、店主に「そこ熱いからこっち座り」と促された。どうやら、着席しようとした席こそ、鍋の炎が舞い上がる噂の「ファイアーシート」だったようだ・・・

ブログの情報どおり、店主は一見の客にもかかわらず注文も聞かずに、着席と同時に自動的にチャンポンを作り始める。待つこと数分、待望のチャンポンが供された・・
ちゃんぽん

むう・・・「上品」、「繊細」、「華美」といった形容動詞とは完璧に対極に位置する、荒々しい威容のチャンポン・・・食べ歩きブログライターとして、コレをどう表現したらよいのだろうか・・・?今の俺には「男塾チャンポン」と陳腐な形容するのが精一杯だ・・・・

ここのチャンポンは、豚肉・イカ・チクワ・カマボコ・キャベツ・もやし・にんじん等をラードと豚骨スープで炒めた後に大量のコショウと少量のウスターソースで仕上げたもの。麺はおっちゃんがビリビリと袋を破いて鍋に投入していたから、たぶんスーパーで売っているそのへんの中華そばであろう・・・・・
麺

食してみると前情報どおり、キャベツの甘みが引き出されている。炒められた豚肉、イカもウマい・・・想像してたほどのコショウの辛さは感じなかった。スープは、むーん、美味い不味いという感覚を超えた不思議な独特の味・・・

食べ始めたときは、正直、スープのウスターソースの味に違和感を感じた。俺はコロッケなどのフライものやカレーには醤油、家で作るお好み焼きも醤油とマヨネーズで食べるほどの醤油党で、ソースは滅多に口にしないので、食べたとき「豚骨ベースやから醤油の方が合うと思うけどなぁ・・・」などと思っていたのだが、食べ進むうちに、うん?あれ?いや、コレにはやっぱりソースでないとあかんのちゃうか?とすら思えてきた・・・

あれやこれや考えながら不思議なチャンポンに取組んでいると、カウンターの隣に1人のお客さんが来店。どうも久しぶりに訪れた常連さんのようだ・・・その常連さんは「ん~今日は何にしようかな?スタミナチャンポンとビール」

「スタミナチャンポン」・・・

メニューのないこの店には「常連客になると食べることのできる裏メニュー」があるとのことだが、果たしてこれがその裏メニューなのか・・・チラ見してみたが、ノーマルチャンポンとの区別はつかなかったが・・・

ここのちゃんぽん、正直、最初に口にしたとき「ウマい!」ゆう感じはせえへんかったのに、食べてるうちにどんどんウマくなってきた・・・多いといわれていた量も難なく完食。

その日の寝しな、数時間前に食べたあのチャンポンがまた食べたなってきた・・・この感覚・・・自分の中ではトマトラーメンの「信濃路」以来・・・珍しくハマったかもしれん・・・

家も近所やし早々にリピートするのは確実。ぬーん、たしかにコレ、中毒性あるかも・・・


九州ラーメン 六五六
住所 大阪府堺市堺区向陵東町1-2-18
営業時間 11:00~13:00頃 18:00~20:00頃(店主の気分次第)
定休日 日曜日・祝日・不定休(店主の気分次第)
スポンサーサイト
[ 2008/07/09 23:00 ] ラーメン★堺市以南 | TB(0) | CM(12)

個性がキツく、中毒性の高いチャンポンですよね。
ふと、思い出すたびに食べたくなるんですが
我が家からは遠すぎるんですよねえ・・・^^;
[ 2008/07/10 21:37 ] [ 編集 ]

あれれ???

今まで出ていたおにいちゃんの後姿じゃない!
お誕生??!!
それとも、お兄ちゃんの小さい時?
お兄ちゃんはうちと一緒くらいですよね?多分。
うちは平成10年です。
[ 2008/07/11 23:43 ] [ 編集 ]

今晩は♪

たびたびコメントに反応して頂き、有難うございます。このチャンポンは私もチャレンジしたいのですが旦那に「お前に完食ムリやわ。残したら
オッちゃん、怖いで~。」と脅されてます・・。
昔に比べたら胃袋が縮んだのか、一度にたくさんの量はツライんですよね。ハーフサイズとか作ってくれへんかなぁ~。
[ 2008/07/12 22:20 ] [ 編集 ]

→ダイゴロウさん

こんばんわ~

最近食べたモノの中ではひときわキた一品でしたわ・・・家の近所なのがまたイかったですi-179

番場亭のカレーうどん、最近アップされた新在家もんど・・僕もダイゴロウさんのブログでチェックしてる店あるんですが、兵庫・・・いつか行くことが夢ですわ・・・i-229

[ 2008/07/12 22:34 ] [ 編集 ]

→あゆさん

どもども。

ブログみてますよ~うどん食べてる可愛いお嬢の姿を拝見してコメントいれようとしてたんですが、子供がらみで先にコメントいただいてしまいましたねi-229

この写真、5月に産まれた子♂なんですわ~前の写真は上の子(H13生:6歳)やったんですが、去年の秋ごろ撮ったのんで暑苦しいから変えようと思ってたところに、アカチャンのクセに頬杖ついて流し目の作家気取りの携帯写真が撮れたんで、それに変えてみたんですわ~i-229
[ 2008/07/12 22:47 ] [ 編集 ]

→とらにゃんさん

こんばんわ~

いや~最近自由時間があんまし無いんで、こおゆう家の近所の、未訪問の美味しい店の情報はありがたいんですよ~またお願いします~i-237旦那様にもよろしくお伝えください。

ここのチャンポンはたしかに量的に女性にはキビかもしれませんね・・・けど、自分もあんまし量は食べれない方なんですが、ここのチャンポンは全く大丈夫でした・・・胃もたれなんかもなかったですしね・・・食べ終わってまだイケそうな気すらしましたわ・・i-230
[ 2008/07/12 23:00 ] [ 編集 ]

初めまして。
堺東にもあったんです。
おっちゃんは堺東店の方やってんけど
ある事情で閉めはった・・・
でっかいバイクに
いかつい雰囲気。
みんな寡黙に食べて
1000円出して
おつりの100円もらって帰る。
なつかしいなあ。

おなじ堺市民みたいですネ。

また寄せてもらいます!
[ 2008/08/18 07:08 ] [ 編集 ]

i-179はじめまして。コメントありがとうございます!

ココ、堺東にあったんですか~そういえば看板に「三国ヶ丘店」てありますもんね・・・

店の外にBMWのバイク置いてありました。夏にツーリングいかはるらしいですね・・・

さっそくブログおじゃましましたが、何度か拝見したことがありました!またおちょくちょく邪魔させていただきます!i-179
[ 2008/08/18 22:26 ] [ 編集 ]

ありがとうございます

ご訪問いただき、
ポチッとまで!
ありがとうございました。

リンクさせてもらいました。
よろしければ!
[ 2008/08/18 22:58 ] [ 編集 ]

リンクありがとうございました!

堺市民のブロガーの方と交流できるのは嬉しいですわ~i-179

ランキング、また応援しますね!
[ 2008/08/18 23:13 ] [ 編集 ]

はじめまして。
久しぶりに食べたくなり検索しててたどり着きました。
20年ほどまえに三国ヶ丘に住んでいてそのころにはよくいってました。
そのころは奥さんが夜はやってることがおおかったですね。
10年ほど前までえはメニューもちゃんぽん、ちゃんめん、ラーメン、餃子、ごはん、ビールとありました。
やっぱし、これですよね~
このちゃんぽんが若かりしころの私に刷り込まれちゃったので
他のちゃんぽんでは満足できなくって・・(^^;

土曜の営業も微妙なんですね、田舎なんで休みの日じゃないといけないのがつらいなぁ。
[ 2008/09/13 12:29 ] [ 編集 ]

はじめまして!

ここは結構歴史あるんですね~僕が行ったときも常連さんのようなお客さんが来てはったし、昔からの馴染みのお客さんに愛されてるんやな~と思いました・・・

若かりしときに刷り込まれて「ここやないと!」てゆう店てありますよね。僕の場合は中学生のときから通ってる堺の「登龍軒」てゆう中華店ですが、ここのちゃんぽんもまさに「ここやないと!」ゆう感じですよね!
[ 2008/09/13 22:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nmee.blog74.fc2.com/tb.php/212-c4f02490





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。