スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

皐月庵(谷町九丁目)カレーうどん編

大阪のカレーうどんを語るときに必ずその名が登場する孤高の名店「皐月庵」・・・

このブログを始めた頃に行ったきりだったが、ちょうど開店時間に近くに行ったので、ここで早めの昼飯を食べることにした。

外観


着いたとき店はまだ開いていなかったのだが、(オカミさんかな?)店からみるからに気のよさそうなオバチャンが出てきて「中華そば?」と聞いてきた。

その時「ん?なんで中華そば?」と不思議に思いつつ、普通に「うどん食べに来ましてん」というと、「もうすぐ開けるから入り」と中にいれてくれた。


「肉揚げカレーうどん」を注文

肉あげカレー

いやぁ 美味しいなぁ!

前に食べたときは、美味しいが、スパイスのピリピリとした感じが求めているカレーうどんから若干ハズれてる感じがしたけど、あれから数々のカレーうどんを食べて舌が肥えたのか、世間の評判に感化されたのかわからないが、3年半の時を経てふたたび食べた「肉揚げカレーうどん」はかなり美味しく感じられた。

カレーうどん

味わいながら出汁まで完飲、オバチャンに「美味しかったですわ」というと、

オバチャン: 「中華そばもごっつ美味しいねんで!」

俺:「えっ?ここ中華そばなんかやってるの?」

オバチャン: 「そう、中華そばと中華つけ麺があって、限定7食ですぐなくなるねん 前の日から予約も入ってるし」


このとき冒頭のやりとりの意味をアンダスタン。中華そばを求めて開店前に待ってたマニアと思われたんやね・・・

限定7食て・・そらすぐ無くなるわ・・・しかしながら「限定」という響きに弱い俺は、カレーうどんで膨らんだ腹の空き容量を探りながら、


「まだあるの?」

と、とりあえず聞いてみた

オバチャン、店主に聞きにいく。

「1食だけ残ってるて」

すると厨房から「職人気質」という言葉を体言化したような店主が登場、

「うちの中華そばは他所のとは別もん。こんな作り方してる店はどこにもないよ」
(キッパリ!)


今年からは過食は控えてるんやけどなぁ・・・しかし、名にし負う皐月庵の店主から「ラストサムライ」の渡辺謙ばりの眼力で気圧されたら・・・・


「ほな、つけ麺お願いします


と思わずオーダーしてしまった・・・・ハァァ



「中華つけ麺編」に続く・・・

住所:大阪市中央区東平1-4-5
TEL:06-6762-1468
営業時間:11:30~15:00 ※売切れ次第終了
定休日:日曜・祝日
スポンサーサイト

そないなるやろなって思いながら読んでて、最後にギャハハハ!
続きが楽しみです。


ところで、このオバチャン。私にもちょっとした思い出あり。
私にはこちらのカレーうどんは辛すぎて水を何杯も欲しました。
しかし水を要求出来ない威圧感(汗)
やっとの思いで一杯いただいたけど、めちゃお店忙しく、決してホールを見回してはくれず。
辛い記憶で、あれから一度も行っていません。
[ 2010/02/13 08:24 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

たしかにここのカレーうどん、辛いし「薬みたい」とか声もありますね。けど最初食べたときより今回はだいぶ美味しく思いました・・

水のお話、自分は朝イチで行ってお客が少なかったんでオバチャン結構親切やったんですが、混んできたら、確かにテンパラはりそうな雰囲気もします。けどまぁ忙しくても客の様子は見回してほしい所ですね・・・
[ 2010/02/13 23:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nmee.blog74.fc2.com/tb.php/359-aac94266





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。